Lx 攻略情報53 大書庫で閲覧した書物7【武具の探究者ラカタン】

【武具の探究者ラカタン】
        ―テドラスク・クーバン著

 煌鉄時代、ロプの国の鍛冶職人であったラカタンは、日頃から邪悪な魔物に平和を脅かされ、苦しむ人々を見て憂いていた。そして人々に必要なのは魔物から身を守る備えだと考えたラカタンは武具探しの旅に出る決意をする。数名の弟子を連れて世界各地を巡り、武具の知識や製法、また武具そのものも集めた。費やした年月はゆうに20年を越える長い旅となった。旅を終えてロプの国に戻ったラカタンは、集めた武具を古いものは打ち直し、また自らも集めた製法に習っていくつも武具をつくった。また弟子のヘメルと共にこれらの武具の知識や製法を書にまとめた。


 ここに彼がつくった武具の一部を紹介する。
 ・地剣テンゲンアカツキ
 ・焔弓フテンヤシナ
 ・冥刀アラクニシガリ
 ・幻玉エンサユウヅツ
 ・天鎧ハッコウヒノウマ
 ・彩衣ゴシキテンヨウ
 ・耀兜ギンカンノブセ
 ・朔刀センジュウキフネ
 ・八斧オニグモセッカ
 ・飄槍ゼクウアキカゼ
 ・黒槌ケンノウアメツチ

 ラカタンは晩年、旅で手に入れた『聖なる種』についての研究に明け暮れた。千年の森を守る勇者の武具と深い関係があるとのことだったが、終には真実にたどり着くことができないまま失意のうちに生涯の幕を閉じた。享年86歳。

 彼がこの長い旅の中で得た武具に関する知識や技術は、現在の武具製造の発展に多大なる影響を及ぼしている。また、彼のつくった武具の一部は現在も彼の工房に収蔵されているが、「正しき者の手にあり悪を討つためにあるべき」というラカタン本人の意向によりその多くは世に出回っている。本書の読者の中でもし彼の武具に出会うことがあったら、是非彼を偲び思いを馳せてほしい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |